« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

インドにて

インドのオフィスでの働きぶりをどうぞご覧ください。

Office26feb_002

楽しそうですねー。
いやー、実際インド研修は楽しかった。


横にいるのは今月でやめてしまわれるTさんです。
この一カ月、一日の大半をこの方と過ごしました。

わからないことがあると機嫌の悪くなる私を
なだめすかして、忍耐一筋で鍛えてくれました。

いやー。
あながち、父の助言ははずれていなかった。

インドのオフィス生活も明日で最後。
スリランカに帰ったらTさんは助けてくれません。
不安はあるけど、仕方ない。
慣れていくしかないもの、仕事だからね。

よし。
次のステップへ。

| | コメント (2)
|

胃の疲れ

ホテル暮らしなので、外食の毎日。

インディアン・チャイニーズだったり
インドカレーだったり
ファストフードもあるし
イタリアン風のお店でパスタを食べれたり

スリランカの外食生活よりずっと充実していますが


やっぱり、やられています。


インドの食事は重曹をよく使うらしい。
ベーキングパウダーね。
これにまずやられます。

お腹の中で発酵するのかなんなのか。
とにかく胃が張って食事をするとキリキリ痛む。
これは、インドの薬局で買ったシロップが効きました。

それから、気をつけて重曹を使う食事を避けてみたり。


でも、最近、昼食べた物をもどしてしまう。
体の具合が悪いというより
胃がピンポイントで疲れているよう。

スリランカに帰ったら自炊しなきゃ。
これでは参ってしまう。


自炊するなら、ホームステイじゃなくて
一人暮らししたいんだけどなあ…。

私信:
のりちゃんがくれたお粥と雑炊。
おいしかったよー!!
やっぱり、インドで役に立ちました。
ありがとう。

| | コメント (2)
|

お買い物病

21febindia_032

信号待ちの車とオートリクシャー。
青に変わった途端、突進してきます。
本気で命の危険を感じます。

21febindia_031さて、今日は仕事がお休みの日曜日ですから
てくてくやって参りました。
コマーシャルストリート in バンガロール。

写真の時間は午前11時くらいなので人通りが少ない。
インドは(バンガロールは?)朝が遅い。
正午を過ぎると人出が増えて、夜は10時頃までにぎやか。

21febindia_026
こちらはお昼に食べたベジタブルブリヤーニ。

21febindia_027
ラリタと言うヨーグルトのソースをかけて頂きます。
このソースがおいしい。さっぱりします。



さて、写真が今日も少ないですが、なぜか。

それは、私が買い物しているからです。
街中にいるときは大抵両手が荷物でいっぱいです。
平日、朝から晩までパソコンとにらめっこ。
週末はタガがはずれてしまうのです。

それに。

スリランカじゃこんなかわいいの買えないー。。

という、強迫観念のもと
ついつい買い込んでしまう。


倹約家エリコ、インドで金銭感覚がぶっこわれました。


でも、インド滞在もあと1週間だもの。
散財するまえに帰ろ、スリランカに。
そしてまた来よう、インドに。。


21febindia_025

| | コメント (3)
|

ブリゲイト・ロード

そう、ここはバンガロール市内繁華街の中心地。

夜も遅くまで人であふれ
インド人も外国人もぞろぞろとそぞろ歩く街。
この通りのすぐちかくに私の通うオフィスはあるのです。

バンガロールを一言でいえば、「とにかく渋滞。」
10年前は南インドのただの田舎町だったのに、
IT産業の急成長で突然膨れ上がってしまったもので
人も車も許容量を一気にオーバー。

朝のラッシュは7時から11時。
夕方のラッシュは5時から10時。

4kmの距離が30分や1時間、それ以上かかることも。

ブリゲイト・ロードは有料の駐車スペースがあり、いつも車で埋まっている。

Blog0772

整然と並ぶ車たち。
なんだかインドじゃないみたい。


| | コメント (0)
|

お仕事

むっちゃ大変です。

3年間ここで働いていた方が今月いっぱいでやめるのですが
その方がここ半年ほど担当していたスリランカ店を
私ひとりで引き継いでやっていかないといけないのです。

そのため、通常1年かけて覚える仕事を
3週間で詰め込まれています。
実際は2週間研修で、3週間目はひとりでやってみる
ということになっている。

覚える仕事の量が半端ではないうえに、
研修レポートのかわりというか
結局は今後の新人研修のマニュアルとして
私のノートが使われるということで。
これも、人がわかるようにするには
かなり知恵をしぼらないと。。

でも、心配していたいじめ
             ↓↓↓

ガンバロウ‐バンガロール を参照のこと
http://chuty.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-c5cb.html

はなく。。

オフィスの方は皆さん良い方ばかりで。
バンガロールについてすぐにはバンガロール大学の
W先生に市内観光につきあってもらったり。
先日はインド店の社長に高級中華を奢って頂きました。

ありがたいこってす。


仕事は大変だけど。
がんばった分だけ結果が自分に返る。
そんな仕事なので、少しずつ慣れながら

続きを読む "お仕事"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

アビ

Blog0768

アビ メラ ナンバー へ

と、読む。

「これが私の番号よ。」

という意味のヒンディー語。


ユニノールという新しい携帯電話の会社の広告。


「新しい時代がきた。これからは私たちの時代だ。」

ってな、ニュアンスがあるとか。


有名なヒンディの映画俳優や女優ではなくて、一般人の写真を使って
街の色んなところに広告を立てている。
その写真がカッコイイ。

ちょっと上から目線で、しゃんと胸を張っている。
若い男女のポートレートとシンプルなメッセージ。

アップ カー ナン キャー へー?
(お名前はなんですか?)

に続く、新しい私のヒンディー語レパートリー。
ヒンディー語のリズムは美しいなあ。


ちなみに、ここバンガロールで話されるのはカンナダ語。

ドゥッタンナ(お兄さん)
チッタンナ(弟)
アッカ(お姉さん)
タンギー(妹)

アッカ(姉)はシンハラ語もタミル語もカンナダ語もおんなじー。
ついでにヒンディー語ではディディ。これもかわいい。


次はヒンディ語を勉強しようか。
いや、その前にタミル語か。
いや!
英語だ…。。



| | コメント (0)
|

インドde写真

インドで、写真。
撮りたいものは多々あるものの。。

私、筆不精の写真不精。
まだ全然撮ってないのです。

そんな貴重な(?)写真をちょっとだけお見せします。
そんなに、もったいぶるほどのものじゃないです。
すみません。

Blog0765

こちらは、結婚式の披露宴の模様。
バンガロール大学で日本語を教えている日本人の先生に
くっついて、まったく縁も所縁もないのに参加。
ご飯を食べて帰ってきた。

Blog0762

道端。。
一体、私は何を撮りたかったのか。。

コマーシャルストリートというバンガロール一の買い物街。

布をたくさん買って、色々縫ってもらう予定。


写真。撮ろう!
そして、上手くなろう!

乞うご期待!

(たぶん…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンガロール

楽しいです。


スリランカ出発時、里心が芽生えて

インドなんか行きたくない

と涙目でしたが。

バンガロール、超都会。
口があんぐり開いてしまうほど。

涼しいし。
誰もかまってこないし。
夜も出歩けるし。
お店なんでもあるし。

自由。


仕事は忙しいですが。
この街は嫌いじゃありません。
まあ、たしかにものすっごい車の量で
渋滞が一日中あるというのには驚くが。


そんな感じで、楽しくやってます。

| | コメント (2)
|

バス

朝、オフィスに行く時は社長の奥さんと
子供たちを学校に送るついでに家をでる。

オフィスの近くで降ろしてもらって歩いて行く。

夕方はバスで帰るのだが、前は暗い時間一人で
バスに乗らなかったから、けっこう新鮮。
ここ2日ほど、おんなじバスに乗り合わせた。

なんだかやたら英語が得意なコンダクターで
おつりがあるとか、ないとか、なんとかかんとか
べらべらしゃべってくる。

前ならシンハラ語でぴしゃりと言ったりするんだけど
私英語の練習中ですので、ぐっとこらえて。


あーーーー。でも。


私の英語通じないー。

文法はハートで。
発音は気合で。
じゃあ、何が足りないか。


声量。


前もインドで三輪タクシーのおっさんに怒られた。
「~神殿に行きたいんだけど…」
「声が小さい!」

ご、ご、ごめん。。


明日からのインド滞在で鍛えられるかしらん。
発声練習でもしてみようかしらん。

アメンボ赤いなアイウエオ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

破れたポスター

この前の日記に

対立候補の選挙のポスターが破られてったって
書いたのですが。。

てっきり私は嫌がらせかと思ったのですが。

選挙当日の2日前からポスターをはがさないといけないそうです。
警察がはがすらしい。
地域の人もはがしていいらしい。

私もはがしてみたかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »