« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

聖なる足跡を拝みに

Sripada1_3

スリランカで4番目に高い山スリーパーダ。
高さはどんなもんだったか忘れてしまったが
麓から頂上までは約7㎞、長い長い階段を登る。

聖なる(スリー)足跡(パーダ)があると言われる
この山は、人気の巡礼地。
開山期間は人で溢れる。

コロンボから車で4時間。
のはずが、8時間近くかかり
登り始めたのは真夜中の1時。

山道には出店が点在しにぎやか。
頂上近くになると山肌の階段には
行列が長く伸び、動けないほど。

登り始めて約5時間半。
頂上についたのは日の出の6時半。

Sripada2

美しい雲海と山並み。
心癒される…
間もなく、人ごみに押し流され
聖なる足跡を参拝。

花に埋もれる金色の聖なる足跡。
どうしたものか、と考える暇もなく
参拝客をさばいているおっさんに
頭を押さえつけられ額を

ゴンゴンゴン

と聖なる足跡に打ちつけられ
ものの3秒でお参り終了。

そのまま、さらに人にもまれつつ
下山。

バスの行程を入れれば山頂まで約14時間。
山頂にいたのはたったの20分。

下山がこれまた地獄の修行。
階段なのです。
7㎞も続く階段を下りたことありますか。
私はありません。

足が

足が笑う。


スリーパーダのおかげで
この日本語の意味が本当に理解できました。

下山後、コロンボに行くバスがなく。。

いや、ここからは、もう
まだ傷が新しいので
私には書けません。
あまりに辛い行程でした。

そのうち、傷が癒え(筋肉痛が治り)
笑って話せるようになったら
書きましょう。


とにかく。
楽しかったことは楽しかった。

しかし、久しぶりのランカ人との旅行だったので
なめていた。

そうだった。
この人たち。
とても、体力があるんだった。

Sripada3
一緒に行ったオフィスの人たち。
体力と運動能力のない私をひきずってでも
山頂に連れて行ってくれてありがとう。


でも、もう、どこにも連れて行ってくれないかもー。
ごめんねー。。

| | コメント (1)
|

炊飯器

留学していた時は
節約生活だったので
しかも、出費といえば本ばかりだったので
あまり身の回りのものを揃えなかったのだけども

今回はお仕事しているし
なかなか結構忙しいので
電化製品など買い揃えました。

そして、炊飯器の便利さに感動!!

最近の炊飯器は日本のものも
そういうものなのかどうかわからないが
小さな蒸し器がついている。

蒸し器と言っても
プラスチックの中容器で
お米を炊くときに一緒に色々蒸したり
温めたりできるというだけだけども。

これが、すっごい便利。

毎日、オフィスにお弁当を持って行っているんだけど
朝、お米と野菜をセットしてスイッチオン。
ものの15分で炊きたてご飯と温野菜ができあがる。

お弁当の具にも困らない。
野菜不足にもならない。
ゆで卵も簡単。

煮込みを作るにしても
野菜を温めておくと、時間が短縮できるし。

こんなことに感動する私は時代遅れですか。。
そうですね。
電子レンジというものもあるのにね。

でも、炊飯器が便利なので今は
電子レンジよりテレビを買おうか悩んでいる。

テレビ、高い…。

地上波用の小さいテレビが3万円くらいする。
スリランカは贅沢品には税金が随分とかかるので。
日本じゃ3000円くらいなのに。

むー。

テレビ…。

| | コメント (3)
|

suba anagatayak!

スバ アナーガタヤック!

というのは、直訳すれば

素敵な未来を祈ってます!

という意味。



3年ぐらい付き合った彼氏に言われました。
というのは、
今日、お付き合いを清算したので。

色々。
色々あったので、なんとも説明しがたいが
お互いの将来を良いものにしようということで
お別れを決意しました。

将来を誓い合うというのは
言うほど簡単ではないと痛感しながら
さみしさはなくならないが

仕方ない。

人生、そんなこともあります。

これからは仕事に生きる!

なあーんてことは言えない私ですが
これからもきっと素敵な出会いがあると信じて
良い女になっていこうと思います。

よし。
明日もがんばるぞー

| | コメント (2)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »