« チーネタ ヤナワー | トップページ | 中華料理を食べよう!~会社の食堂編~ »

中華料理を食べよう!~はじめて編~

さて、前回のブログで書いたとおり海外初、中国初のスリランカ人とやってきました広東省。

飛行機がついたのは現地時間で午後6時。
夕飯もまだでしょうとわざわざ終業後も待っていてくれた日本人スタッフの方々と
早速本場の中華料理屋さんへゴー。

緊張しまくりですでに青ざめた感のスリランカの娘さんたち。
とりあえず、なんでも挑戦じゃーと
鶏の焼いたの、鶏のスープ、海老のから揚げ、空芯菜の炒め物、海老と蟹のおかゆを頼んだスタッフの方々。

イチオウ、私はおかゆはだめだと思う、とは言った。
唐辛子入りのもののほうが無難だ、とも言った。

しかし、終業後のビールを2時間も待たされたおじさん達には
彼女達の心中を察する余裕もなく。。

鶏の焼いたのがすぐ出てきた。

さあさあ、食べなさい、とすすめられるが箸しかない。
お店の人にスプーンとフォークをお願いするがお店にはスプーンもフォークもない。

「じゃあ、いい。じゃあ、いい。手で食べる。」

と(スリランカ人の代わりに私が身振り手振りで)言うと

お店の人があたふたと持ってきてくれたのは

ふきん

ではなく

ビニール手袋。。

っていうか、おかゆ。ぐつぐついってますけど。
ビニール溶けるよね。これ。

完全に思考回路が止まってしまったスリランカ組。

あ、やだー。れんげがあるじゃーん。
と、無理やりおかゆを取り分ける。
蟹と海老のだしがおなかに優しいあったかいおかゆ。

もー、手もつけません。目もくれません。
「私たちおなか減ってないから。。」

空芯菜の炒め物、鶏のスープもだめ。

なぜなら、

「白いから。」

そうですよ。
生まれたときから、ウコンに粉唐辛子、ミックススパイスの赤とか黄色に染まった食べ物しか
口にしたことがないんですから。

唯一食べられたのは海老の唐揚げのみ。

基本、塩味が濃いスリランカ料理。
ダシの味だとか、素材の味だとかというとやっぱり食べた気がしないらしい。

せっかくの蟹ダシのおかゆもただの生臭い、味の薄い、米を溶かしたお湯。。。

はじめてのフライト、はじめての海外、はじめてのおかゆ。。。
顔面蒼白で疲れきったスリランカ娘達。

とぼとぼと宿舎に帰る背中にかける言葉もなく。

前途多難か中国滞在?!

~会社の食堂編~に続く…。。

|
|

« チーネタ ヤナワー | トップページ | 中華料理を食べよう!~会社の食堂編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チーネタ ヤナワー | トップページ | 中華料理を食べよう!~会社の食堂編~ »