« 2011年12月 | トップページ | 2012年9月 »

スリランカ人 日本国短期滞在査証の申請

ルワンくんの日本行きビザがとれました~☆
ビザが確定して受け取ったのが結局出国予定日の1週間前。。
初めてのことだったので要領も悪かった。

今後のためにも、メモしておこうと思います。

ルワンくんが準備したもの:
1.スリランカの結婚証明書(+英訳&和訳)コピー
2.出生証明書(+和訳)コピー&オリジナル
3.在職証明書(+和訳)
4.休暇証明書(+和訳)
5.銀行口座の取引明細記録
6.航空券の予約証明書
7.各証明書についての弁護士の内容証明書
8.IDカード&コピー(+和訳)&パスポート&コピー
9.結婚パーティーの写真数枚
10.エリコのパスポートコピー&勤務会社の査証コピー

日本の父(招へい人)に用意してもらったもの:
1.戸籍謄本の写し
2.家族全員の載った住民票の写し
3.納税証明書
4.滞在予定表
5.招へい状
6.別添:招へい理由
7.身元保証書

査証取得後戻ってきた書類:
1.スリランカの結婚証明書(和訳)
2.出生証明書(+和訳)
3.在職証明書(+和訳)
4.休暇証明書(+和訳)
5.銀行口座の取引明細記録
7.各証明書についての弁護士の内容証明書
8.IDカード&パスポート
9.結婚パーティーの写真数枚
10.戸籍謄本の写し

それにしても、在スリランカ日本大使館のスリランカ人スタッフは電話で問い合わせても
途中で勝手に保留にして切られたりということが何度もあって、ちょっと感じが悪かった。
日本人の方は親切だったけど。



と、まあ、ビザも取れたことだし。



今日の夜、日本に向けてスリランカを発ちます。

きゃー。
ルワンはじめてのニッポン。
もう、はじめてのおつかいのお母さんの気持ちです。

行ってきまーーす。

| | コメント (0)
|

ご報告

Dscf2704_2

この度、ちゅーてぃーことエリコはめでたく入籍shineいたしました。
お相手は知っている人は知っている、スリランカ人のルワンです。

Dscf2719_2

知り合ってからかれこれ7年、紆余曲折波乱万丈七転八起で
とうとう入籍することに決めました。


お世話をおかけいたしました方々には心から感謝いたします。
また、これからの2人も末永く見守ってやってください。confident

スリランカの習慣にのっとって、私たちもケーンダラと呼ばれる占いに基づいて入籍の日取りを決めました。

ちなみに私のケーンダラには

“結婚は親の意向によらず自らの意志で決め、婚約の相手は肌の色にして黒く、人種において異なる人となるであろう。”

と書いてあるそうです。

ついでに結婚するのも2012年と書いてあるとかないとか。

そのよく当たる(?)ケーンダラによると、今私は約10年に及ぶ厄年の真っ最中で
一番危険な2年目をやっと終えたところだとか。

ま。当たるも八卦当たらぬも八卦。占いですから。cat



結婚するったって、実は右も左もわからない2人。。gawk gawk



スリランカでは戸籍がないので入籍ではなく、結婚の登録になります。

「じゃあ、登録だけでいっか~」

と、はじめはタカをくくっていたのが、どうやらそうでは収まらないようで。

「写真ぐらい撮っておく?」
となり、

「あれ、指輪がいるよね?」
となり、

「そうだ、近しい人だけにはとりあえず簡単なお披露目しとく?」
となり、

「やっぱり、パーティーになるなら海辺じゃない?」
となり、

あわてて友人知人をありったけ巻き込み、ばったばったと準備しました。

そして3月2日10時29分、婚姻届が受理されました。
(もう1ヶ月も過ぎとるじゃないかというつっこみはごもっともです。はい。)

Dscf2758_2
                                                   私こと、ルワン/エリコは
                                                   ルワン/エリコという人と
                                                   正式に婚姻関係を結び
                                                   夫/妻となることを
                                                   ここにいる立会人を証人に
                                                   宣言します。

Dscf2766_2

ということで、新生ミセス・エリコとして今までとあまり変わりなく
ついでに、ルワンくんも巻き込んでまっしぐらに生きていこうと思います。
                                    

Dscf2828_2

サリーブラウスが直前まで仕上がらなかったり
予約したルワンのスーツが見つからなかったり
着付け役が当日になって熱を出したり
お約束のハプニングを山ほど乗り越え、どうにかお披露目パーティーも無事終了。

Dscf2840_2

                                     甥っ子たちと(誰が誰の子か何度言われても間違える。
                                     なんといってもルワンの兄弟姉妹合わせて8人!!)

Dscf2811_2_2
                                          一生分の写真を撮られたと思う。この日。。 

お披露目をすませてひと段落…。。
とか言っている暇もなく、次はルワンを日本に連れて行くという大イベントが待っている。。

これについては次回以降に続く…はず。

| | コメント (12)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年9月 »