« スリランカで家を建てよう③当たるも八卦当たらぬも八卦、星占い | トップページ | スリランカで家を建てよう⑤夫の家族のこと »

スリランカで家を建てよう④もう後には引けない着工日

基礎工事の着工日を明日に控えて、大工さん達が到着。
ご飯を食べさせて先に休んでもらう。

深夜3時には夫の実家から義母、兄弟親戚が到着。bus

明日の仕事始めは夜明け前の5時半。
夜行バスで7時間、寝ずに移動している夫家族は
ここで寝たら逆に辛いということで、現場に直行。dash


私たちも大工さんたちを連れて現場へ。




スリランカでは最近になってコントラクトと呼ばれる
委託の建設業者も一般的になってきた。

もともとは、大工さんとその弟子を中心に
家族で、親戚で、自分で家を建てるのが主流らしい。

難しい基礎工事や棟上げ、壁塗りなどは
専門の大工さんや左官屋さんにお願いするが
基礎工事前の地ならしやコンクリートを流す溝とかは
男手を集めて自分たちでやる。



自分たちでやるとなると、大工さんの食事の準備banana
手伝いに来てくれた親戚、友人知人の食事の準備apple
工具、重機、針金一本からセメントやレンガまですべての材料の準備を、
自分たちでやらなきゃいけない。

Dsc_06582


フルタイムで週6日働く私たちにそれができるのか?
お金払ってでも委託にした方がいいんじゃないか?

何度も二人で話し合い、結局、私が折れた。
郷に入れば郷に従え、です。


Dsc_06022
というより、なるようにしかならん!とひらきなおっただけかも?coldsweats01

Dsc_06042

↑上写真は糸尺を張るために採寸しているところ。
実はこの日、採寸を確認してもらうために設計士に来てもらうはずだった。


が、来なかった。


幸い、義兄が連れてきてくれてた仲の良い近所のおじさんが
建設業の人で設計図をみて色々教えてくれたので、なんとかなった。
持つべきものは多才な近所のおじさんだー!happy02


どうやら、私たちが頼りにしていた設計士は建築家ではなく
建築家であれば、建設工事に立ち会って内装も指示してくれる。
この人はただ、図が描けるだけらしい。pencil



後は丸投げ。soccer



そのへんをはっきり言わないあたりがスリランカ人。
奥ゆかしいんです。はい。gawk

もとはといえば、私たちがちゃんと調べないのが悪いのだけども。。




と、どんどん仕事始めのイベントは進み…

Dsc_06092


家の真ん中にムルガラ(基礎石)」を夫と私で置き、セメントを塗る。



Dsc_06082

こちらは義兄の奥さんのお父さん。
家を建てる場所を糸で囲って、有難いお経を唱えてくれてます。

この後、儀式の締めくくりにココナツミルクを沸かします。
沸騰したココナツミルクは豊穣とか恵みをもたらす
縁起の良いものだと信じられてます。



ココナツミルクを沸かしているところ(ビデオ)




ココナツミルクがふきこぼれたら、朝ごはん。
やっと朝の9時。coldsweats02
長い長い1日はまだまだ続く。。





家を建てよう。
次回に続く。

|
|

« スリランカで家を建てよう③当たるも八卦当たらぬも八卦、星占い | トップページ | スリランカで家を建てよう⑤夫の家族のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカで家を建てよう③当たるも八卦当たらぬも八卦、星占い | トップページ | スリランカで家を建てよう⑤夫の家族のこと »