« 2014年3月 | トップページ | 2014年12月 »

スリランカで家を建てよう⑨家らしくなってきた!壁の巻

壁の成長。

Dsc_06552

Dsc_01112



Dsc_01152

Dsc_07052




Dsc_07122


次は2階の床部分、スラブ(Slab)。


壁の大工さん、仕事も速く、品行方正だったので
スラブ業者さんも紹介してもらい、
スラブができたら、またこちらの壁屋さんに2階の壁をお願いすることに。



まだまだ、雨風は避けられないけど
囲いができたよ。






家を建てよう。

次回に続く

| | コメント (0)
|

スリランカで家を建てよう⑧大工さんを探せ

スリランカで家を建てよう⑦やっと終わったよ基礎工事


から、シンハラ正月をはさみ3週間。
家作りに関することは何もしていなかった、
わけではなく。



セメントが固まるよう水をかけたり
レンガを買ってきたり
地味~な作業の合間に



壁を作ってくれる大工さんを探してましたwink




どうやって探すかというと、人づてがメイン。
旦那さんの職場の同僚に聞いたりする。
で、教えてくれた大工さんに電話で連絡をとり
実際にその大工さんが建てた(建てている)家を見に行く。



ついでに、隣の家でも同じ作業していたら
そこの大工さんの仕事も見せてもらったりする。



スリランカで家を建てよう④もう後には引けない着工日

前にも↑で言ったが、
コントラクトと呼ばれる一貫工事の委託業者に頼めば
基礎から壁、屋根、内装まで全部作ってくれる。



が、ちょっと、というか、かなり高い。倍くらいする。
でも、仕事が良いとも限らない。




で、大工さんを頼むとやたらと分業されていて
基礎、壁、2階の床、屋根、天井、左官、塗装、内装…と全部別。
を、それぞれ業者を探して依頼する。

良い大工さん、悪い大工さんの可能性無限大∞



はっきり言って、





た ・ い ・ へ ・ ん ・ ! ・ !





私はもう、お手上げです。
ルワン君、がんばってくれたまえpaper




結局、壁屋さんは6人目でやっと決まりました~。



さ。壁だ。壁。







家を建てよう。

次回に続く

 

| | コメント (0)
|

シンハラ新年2014②海がこわい!

シンハラ新年で夫の実家に帰省中、近所のに遊びに行きました。


かなり波が荒いので、遊泳禁止。
波打ち際で打ち寄せる波と追いかけっこ~くらいのものです。

Dsc_06782

夫の妹、砂で遊んでます。
彼女、今年結婚するんですheart04
confident

Dsc_06822

 






と、ここに一人固まっている小さな
人が…

 

 

Dsc_06792

シンハラ新年2014①ドイドイドーイ、バイバイバーイ

↑のお兄ちゃんです。


2歳と半年。
初めての海なんだとか。


普段は手のつけられないやんちゃ坊主。
ゲンコツrock食らうこともしばしば。



お母さんに叱られ泣きべそかきながら妹とこんな会話してました。



兄(2歳)「悪いお母さんだね。」

妹(2ヶ月)「…。」

兄(2歳)「「こんなお母さん、取り替えてこようね」

妹(2ヶ月)「…。」

兄(2歳)「お母さん!僕たちお母さん取り替えるからね!」


母爆笑!!happy01


快活な義姉らしい、明るい家族。。





で、そんなお兄ちゃん、初めての海におびえまくり。



固まってます。

そんなお兄ちゃんをルワンが引っ張り出し…




海、初体験終了。

こんな荒い波。私もこわいし。




次の日には「また、海に行く~!!」とみんなに宣言!
ははは。

こうやって少しずつ色々経験して大きくなるんだなー。

 

Dsc_00912_3




シンハラ新年2014これにて完結。

| | コメント (0)
|

シンハラ新年2014①ドイドイドーイ、バイバイバーイ

4月はシンハラ正月でしたー。

お家作りもひと休み。
連休を利用して夫の実家に帰省しました。shinervcarshine




以前ブログで紹介したように夫は9人兄弟の大家族。
スリランカで家を建てよう⑤夫の家族のこと


でもみんな結婚して家をでているので
実家には妹とお義母さんとはとこの3人で住んでいる。
新年はそんな家族が勢ぞろいするのでにぎやか。
私たちもお土産をいっぱい抱えて
なんだかんだでみんなに会うのを楽しみに帰ります。



今回一番楽しみだったのが生後2ヶ月の姪っ子!!happy02
夫が一番慕っている姉の第2子。heart04
Dsc_06912_2
かーーーいんですよーーー。lovely






かーーーいんですけどね、私が抱くと泣くんだよcoldsweats02



こんな小っちゃいくせに、肌の色とか言葉のイントネーションとか
違和感あるんだろうね。







機嫌よさそうな時に抱っこするんだけど




ぴゃーーーーーーーーーーー!
crying
あわわ、あわわで妹や姉の手に戻すとぴたと止まる。
く、くやしい…。。





で、夫の方が早くてなづけた。


gawk
夫、姪っ子をあやす(ビデオ)


ビデオの中の会話:


夫「…(あやしながら)、泣くから震えてるよー。lovely
何を泣くんでちゅかねー。。」


と、姪っ子のほっぺに頬ずりするので
(くやしい)私が、


「ひげがささるって。」
「やめってって。」
「そんなことに(あやされても)だまされないって」


と横からちゃちゃを入れてます。


で、最終手段。catface
赤ん坊には子守唄だ!

スリランカの子守唄は「ドイドイドーイ、バイバイバーイ…」。
日本の「ねーんねんころーり、おこーろりーよー」。




歌ってみたら、…寝た。こてんっ!sleepy



ま、5回に1回だね。勝敗は。


かろうじて、泣いていない瞬間を激写!!(表情は険しい…coldsweats01
Dsc_00922_2


次に会えるのを楽しみにしてるよう。






シンハラ新年2014、次回に続く。

| | コメント (2)
|

スリランカで家を建てよう⑦やっと終わったよ基礎工事

絶賛基礎工事中(ビデオ)。



夫の兄達、兄の義父、妹、妹の婚約者がみんなで地面を掘ってます。
私はお義母さんと炊き出し係。


みなさん、暑い中ありがとう。



炎天下sun
暑い…wobbly 体力のないわたしはバテバテ。



結局基礎工事には丸々14日間かかりました。


確か誰かさんが2日で終わるって言っていた気もする。
スリランカで家を建てよう① ココナツ畑の真ん中に



今回、兄の義父がいなければ14日でも終わらなかったかもしれない。

口数少なく、細身の優しいおじいちゃん。
大工さんより仕事が丁寧で本当に頼もしかった。



鉄筋を針金でひとつずつ組んでいくのもほとんどお義父さんがやってくれました。
細かい作業なので手が傷だらけになっていた。

Dsc_06562
手先が器用で、壊れたものを何でも直してしまう母方の祖父を思い出した。confident
お義父さんは熱い紅茶を日に何度も飲む人で
熱~い、濃い~、紅茶にたっぷりお砂糖入れて作ってあげました。catface




水場の排水口はバナナの幹で確保!
Dsc_06602




そして!
やっと!!
基礎工事完了~~~shineshine





Dsc_06552


Dsc_06572
家の裏には汚水用の穴。家の表側には井戸も掘ったよ。




家族もお帰りになりまして。
後片付けのお洗濯も完了。
Dsc_06662

大工の仕事が遅いと散々文句を言っておりました。
便乗して私も言いました(笑)


基礎工事の大工さんは夫の友達の紹介だったけれども
満場一致で壁工事の大工さんは別の人を探すことに。




さて。良い大工さんに出会えるか。
それ以前に、大工さんってどうやって探すんだ?







家を建てよう。
次回に続く。

| | コメント (0)
|

スリランカで家を建てよう⑥窓枠を探して

家作り。


基礎工事が終われば次に始まるのは壁工事。
壁工事の次は2階の床部分を組み立てる。
そして屋根をのせ、窓枠をはめる。



窓枠を木で作るとなると、湿気の多い南国なので
早めに作って乾かさないとはめた後で歪んでしまうとのこと。
もう窓枠のデザインを決めないといけない。



で、行ってきました、建築展覧会。shinehouse 夢のマイホーーーーム!




Dsc_06282_2


スリランカで展開している各建築関連の業種が勢ぞろい。



扉や窓枠の業者ももちろんのこと、照明屋さん、セメント業者、ペイント業者、瓦業者、家具屋さん、タイル屋さん…など等。




ひゃー、目移りしてしまうー。
パンフレットを集め、メモをとり、話を聞く二人。catface catface フムフム。



 カーテンを通すポール。いいなー。

Dsc_06222_2


Dsc_06232


 LEDの照明もたくさん展示されてる。

Dsc_06252 ドア!!素敵!






と、完璧に目的を見失いながら、数時間彷徨い…。



gawk「何か大事なことを忘れているような。。」
weep「お腹減ったね…。」




impact「…窓枠!!」bearing happy02




Dsc_06402牢獄スタイル。
Dsc_06432色々ある。ありすぎる。 





よし、見た。とりあえず、見た。イメージが湧いた。





ということで帰途につく。
お腹も減ったことだし。wobbly

Dsc_06462
最後にちょこっとパントリーを見てって…。キリがない!
どんな窓枠になるかはできてからのお楽しみ♪



家を建てよう。
次回に続く。

| | コメント (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年12月 »