でーん。

臨月ですconfident
予定日まで後2週間。

経過は順調~。
しかし、重い、暑いcoldsweats01

P8310148

                         でーん。
                         座って上から見たところ。
                         自分の足が遠い。。


P8310142                          前。

              
P8310147                           後ろ。

P8310143

                           横。

P8310145_4                           お腹(笑)。


幸か不幸か主治医の産科医は
体重制限、食事制限、運動制限も強制も全く無し。
鉄分・カルシウムのサプリも飲みたいなら処方するよー
というかんじ。
おかげで、かなり気ままな妊婦生活を過ごせたと思う。


産休に入ってからは、掃除片付け洗濯、読書!!
24日で22冊。
エッセイ、推理小説、純文学、なんでもかんでも。book book book clover
読めるだけ読むのだ。


P8080103
                         最近、ゼリー好きheart04
                         ベービナーラン(小蜜柑)のゼリーつくった。


来週からルワンのお母さんが応援に来てくれるとのこと。
さあ、いよいよ、です。

| | コメント (1)
|

お洗濯

6ヶ月目頃になると病院から入院時の持ち物リストをもらいます。
私の場合、なぜか大分遅れて8ヶ月目の検診でもらいました。

出産予定の私立病院では通常の入院は2日間。
持ち物のメインは布オムツ。
布オムツ24枚、ガーゼシーツ6枚、ガーゼタオル2枚、新生児用肌着12枚…などなど。
これ、全部使う前に洗わないといけないということで、洗濯しました。gawk


会社の先輩ママ(ランカ人)達に聞くと


「洗濯機は使わないで、手洗いすること」

「ベビー服用の洗剤またはベビー石鹸で洗うこと」

「きつくしぼらないこと」

とのことだったので、全部手洗い。
P71200612

大体が全部を一人で一日で
片付けようと思ったのが間違いだった。coldsweats01


全部が小っちゃい、細かい、数が多い…wobbly


洗い終わるのに3時間かかった~。

P71200682

そして、これ全部にアイロンかけるのにさらに2時間。。
8ヶ月妊婦汗だくsweat01




大変だったんだけど。
でも、楽しかった。
これを使う日が来るのも、もうすぐなんだなーって。


P71200642_3

布おむつのクマ柄に励まされ、
どうにか赤ちゃん用の入院グッズは準備完了。

そう、こんなにがんばって赤ちゃん用のみ。
ママ用(自分)のまでには力尽きて及ばず…wobbly


腕、筋肉痛になっちゃったし。(笑)



この頃は寝汗がひどくて、ベッドでは眠れない。
夜中の2時頃にはシーツも枕もびしょびしょ。

リビングの床にシーツを敷いて寝てます。
なぜか、ルワンのシーツが短いsmile

P71200652

月型クッションは抱き枕。
もう、これないと眠れない。

寝返りの度に目が覚める。。
大体、1時間半置きくらいの間隔。
これも産まれてからの眠れない生活の予行演習なのかしらん。


夜中でも赤ちゃんは元気に動いてる。





「あー。よかった、よかった動いてる…」





と思いながら、また浅い眠りに落ちていきます…confidentsleepymoon3



| | コメント (2)
|

あっという間に

8ヶ月目になりました。happy02


お腹が大分大きくなり、夜寝返りのたびに目が覚める。
寝汗もひどいので、リビングの床にシーツを敷いて
天井のファンを強にして寝ています。

夫は寝室のベッドに寝てもらってて構わないんだけど
一緒に床で寝てくれます。
ただ、ファンが苦手な彼は頭からシーツを引っかぶるので
夜中に目が覚めて見るとまるでミイラみたいで、ちょっと怖い(笑)coldsweats01


そろそろ、出産準備や出産後の赤ちゃんの受け入れ準備を
行わなくてはいけません。(←たぶん、すでに遅い…)

先週の検診ついでに夫と一緒にベビーケアショップに行き
病院で渡されたリストを買い揃えました。


でも、病院のリストは入院用だけなので
それ以外にも色々諸々準備しなきゃいけないことがわかり
ちょっと途方に暮れている。bearing


言い訳すると、土日にお店が閉まってしまうスリランカで
平日10時間、土曜まで週6日夫婦共働きでは、まったく買い物できない。
産休までは後1ヶ月だけど、それまで待ってたら
下手したら産まれちゃうもんね…。。chick ぴよぴよ。


しっかりしてくれ~!!と、お腹の子はぼっこぼっこ蹴ってきます。
…わかった。母さん、がんばる。(父さんにもがんばらせる!)
とりあえず、明日の日曜日は一日かけて、買ってきた大量の布おむつを洗うわ。
(買ってきたのをそのまま使っちゃいけない?らしい。)

P7050059_2

頼りなさそうな二人ですが、会えるのを楽しみにしてるよー。














| | コメント (1)
|

社員旅行に行ってきました~

12月のポーヤーのお休みに社員旅行に行ってきました~bus
今のお仕事を始めてから4年、実は初めての社員旅行sign03


貴重な2連休のうちの1日。
迷いに迷った末bearing、夫も渋りに渋った末coldsweats01、参加してもよいことに。
ルワン君、お留守番ごめんね。




当日は朝の6時半に集合。
貸切バスで出発bus

001
朝ごはんはスタッフのお母さんが作ってくれたイブル・キリバット。
ココナツミルクで炊き上げるキリバットの中に具を入れて
おにぎりみたいにしたもの。
002
サバのカレーの辛いバージョンと、
ココナツの実を砂糖で甘く煮た(ペニポル)の甘いバージョンと1つずつ。



腹ごしらえがすんだら、やることはひとつ!

003

歌います。
ここからはエンドレスで、目的地に着くまで
太鼓どんどこ、タンバリンを鳴らしながら
ひたすら歌いつづける…。


そうだ、このノリ。
懐かしい。
留学生の頃のハードな修学旅行を思い出します。
ちょっと違うのは、歌の歌詞をスマホで検索していること。


お昼前には初めの目的地ピンナワラの象の孤児園に到着。

004
005

今年、仕事がかなりきつい時期があり、大分悩んだりもしていたけれども
スタッフの皆に助けられて何とか乗り越えて来れた。
こういう感謝の気持ち、いつもこれからも忘れないようにしたい。

007

女性陣はおねだりして、朝っぱらからアイスクリーム。

男性陣はすでに朝食後7時半から、バスの中で飲み始めている。
この日はポーヤーなのでお酒禁止のはずなんだけどcoldsweats02
曰く、「スリランカで一番お酒が売れるのはポーヤーの前日。
一番お酒が飲まれるのはポーヤーの日。」

008
象の水浴びをみる。
ピンナワラは3回くらいきたことがあるけど、
やっぱりでっかい象が列をなして歩くと壮観。


009
子象が寄ってきた~heart04

010
各国からの観光客もたくさん。

011
象の水浴びもそこそこに自分たちの写真撮影に忙しい人たち…。
012
014
全員集合。
さて、私はどこにいるでしょう。

ちなみに一番前にいるサングラスが、今一番伸び盛りの期待のホープ。
製造の皆をひっぱっていってくれています。

015
そのホープ。
アナコンダを首に巻き、さんざん写真をとりまくり
蛇使いのおじさんに2000ルピーを請求され
「こんなもんでしょ」と500ルピーを渡して立ち去った。

交渉上手?なホープです。

016
お昼ごはんはビュッフェで~restaurant

017
この時点で、男性陣の中にはすでに飲みすぎでグロッキーな人続出gawk
飲まない女性スタッフたちからはブーイングの嵐down


さて、バスはどんどこ、太鼓のリズムにゆられながら
次の目的地へ。


こちら、ガンポラは霧けぶるアンブルワーワ。
018
今の首相が数年前に宗教のダイバーシティを目指して
山の上に仏教寺院、ムスリム寺院、ヒンドゥー寺院、カトリック教会を建てた
と、麓の看板に書いてありました。

数年前、できたての頃来たときは麓から4km近くを歩いて登った記憶が。
今は道が整備されてマイクロバスで登れるとのこと。
019

頂上は雨rain

0191
記念撮影も雨rainの中。

022
山の上からの眺望は霧の中coldsweats01



で、これがアンブルワーワ目玉の見晴らし塔。

先端まで登れるそう。
前回来た時は混んでたかなんかで、登った記憶がない。
020
で、この塔も霧に隠れてこう見える。
ってか、見えない。
021_3
塔の上から下をみるとこんな感じ。
人ひとり分の幅しかない階段をぐるぐる上っていく。
023
最上階の天井はこんな感じ。
で、また来た道を戻る。(sign01
025
さっきも書いたように、人ひとり分の幅しかない階段を
上り下りの人がすれ違うという恐怖shock
設計ミスなのでは。。
024
しかも周りが霧で真っ白、建物も真っ白、
「2年前に女子大学生が落ちて死んだらしい」とか、誰かがつぶやくのが聞こえて
頭の中も真っ白。。


これは、見晴台じゃない。
肝試しだ、肝試しannoy


027
塔を降りて、雨のアンブルワーワ終了(笑)。

コーヒータイム。
なぜか、スリランカでは寒いときはコーヒーを飲む。






帰途につく…bus028
解散まで旅は続きます。
歌も歌います。
手拍子の手も痛い。



普段、会社では見られない皆の色んな面を知ることができたなーと
これからも一緒にいい仕事をしていきたいなーと
ぼんやり、思いながら家に帰ったのでした。



















































| | コメント (2)
|

シンハラ新年2014②海がこわい!

シンハラ新年で夫の実家に帰省中、近所のに遊びに行きました。


かなり波が荒いので、遊泳禁止。
波打ち際で打ち寄せる波と追いかけっこ~くらいのものです。

Dsc_06782

夫の妹、砂で遊んでます。
彼女、今年結婚するんですheart04
confident

Dsc_06822

 






と、ここに一人固まっている小さな
人が…

 

 

Dsc_06792

シンハラ新年2014①ドイドイドーイ、バイバイバーイ

↑のお兄ちゃんです。


2歳と半年。
初めての海なんだとか。


普段は手のつけられないやんちゃ坊主。
ゲンコツrock食らうこともしばしば。



お母さんに叱られ泣きべそかきながら妹とこんな会話してました。



兄(2歳)「悪いお母さんだね。」

妹(2ヶ月)「…。」

兄(2歳)「「こんなお母さん、取り替えてこようね」

妹(2ヶ月)「…。」

兄(2歳)「お母さん!僕たちお母さん取り替えるからね!」


母爆笑!!happy01


快活な義姉らしい、明るい家族。。





で、そんなお兄ちゃん、初めての海におびえまくり。



固まってます。

そんなお兄ちゃんをルワンが引っ張り出し…




海、初体験終了。

こんな荒い波。私もこわいし。




次の日には「また、海に行く~!!」とみんなに宣言!
ははは。

こうやって少しずつ色々経験して大きくなるんだなー。

 

Dsc_00912_3




シンハラ新年2014これにて完結。

| | コメント (0)
|

シンハラ新年2014①ドイドイドーイ、バイバイバーイ

4月はシンハラ正月でしたー。

お家作りもひと休み。
連休を利用して夫の実家に帰省しました。shinervcarshine




以前ブログで紹介したように夫は9人兄弟の大家族。
スリランカで家を建てよう⑤夫の家族のこと


でもみんな結婚して家をでているので
実家には妹とお義母さんとはとこの3人で住んでいる。
新年はそんな家族が勢ぞろいするのでにぎやか。
私たちもお土産をいっぱい抱えて
なんだかんだでみんなに会うのを楽しみに帰ります。



今回一番楽しみだったのが生後2ヶ月の姪っ子!!happy02
夫が一番慕っている姉の第2子。heart04
Dsc_06912_2
かーーーいんですよーーー。lovely






かーーーいんですけどね、私が抱くと泣くんだよcoldsweats02



こんな小っちゃいくせに、肌の色とか言葉のイントネーションとか
違和感あるんだろうね。







機嫌よさそうな時に抱っこするんだけど




ぴゃーーーーーーーーーーー!
crying
あわわ、あわわで妹や姉の手に戻すとぴたと止まる。
く、くやしい…。。





で、夫の方が早くてなづけた。


gawk
夫、姪っ子をあやす(ビデオ)


ビデオの中の会話:


夫「…(あやしながら)、泣くから震えてるよー。lovely
何を泣くんでちゅかねー。。」


と、姪っ子のほっぺに頬ずりするので
(くやしい)私が、


「ひげがささるって。」
「やめってって。」
「そんなことに(あやされても)だまされないって」


と横からちゃちゃを入れてます。


で、最終手段。catface
赤ん坊には子守唄だ!

スリランカの子守唄は「ドイドイドーイ、バイバイバーイ…」。
日本の「ねーんねんころーり、おこーろりーよー」。




歌ってみたら、…寝た。こてんっ!sleepy



ま、5回に1回だね。勝敗は。


かろうじて、泣いていない瞬間を激写!!(表情は険しい…coldsweats01
Dsc_00922_2


次に会えるのを楽しみにしてるよう。






シンハラ新年2014、次回に続く。

| | コメント (2)
|

退治

日本から出張で来ランカ中のSさん。

ある朝宿舎で目を覚ますと、
ゴキさんが壁を這っているのを発見。

色白で細面、気が優しそうなSさん曰く、
「どうりで前の夜、なんか眠れないと思ったんだよー」



壁を這うゴキの呪い?!thunder



そんな、またまたー、
これだから日本人は潔癖なんだから。
と、心の中で思わずつっこみ。catface



すると、Sさん 「でも、こっちのは固いよね」


私「はい?」



Sさん「いや、つぶそうとしたらさー」

coldsweats01「ナニを?」

Sさん「え、だからアレthunderを。」

coldsweats02「す、素手ですか?!」




Sさん「ビニール袋かぶせてだよー。(手をパーにして)こう。」paper





wobbly ぎょえーーーーー



Sさん、なおも「スリランカの(ゴキ)は固いんだよー」

手のひらに想像上のゴキの感触が、まざまざと…。

むり。
それ以上の感想は聞けませんでした。





ちなみに上の話を事務所のランカ人スタッフに話したところ、

coldsweats02 で、食べたの?」

と聞かれたw。smile

| | コメント (0)
|

こないだテレビで

ある日の会話。

ルワン(出先から)「今から帰るよhappy01

私「帰りがけに蚊取り線香買ってきてーhappy02

ルワンgawk「こないだテレビで見たんだけど、
    蚊取り線香って体に良くないって言ってたよ。
      (←自分、蚊取り線香が嫌い)

私「…。」

本当に買ってこない。

わたしは液体の電気蚊取りより
煙を焚いたほうが効くと思うんだけど。

あと、

スーパーにて
私 「あ、新発売のチョコレートだ!happy02
ルワン gawk「こないだテレビで見たんだけど、
   チョコレートの食べすぎは良くないらしいよ
   
(←チョコレートの値段が高いから買いたくない)

または

休日の朝
私 「今日、天気もいいしコロンボにでもでかけよーぜhappy02
ルワン gawk 「こないだテレビで見たんだけど、
 コロンボは人出が多いから外出しないほうがいいらしいよ
 (←でかけるのが面倒くさい)

などのバージョンがあり。

gawk 「こないだテレビで…」がでてきたときは、お願い事が通らないので要注意です。

| | コメント (0)
|

役割分担

一緒に暮らし始めて2年とちょっとが経ちました。

最近はケンカもめっきり減り(と私は思っているが)
生活のパターンも大分落ち着いてきた。

共働きの二人暮らしなので、家事も分担。
主に料理は私、洗濯はルワン。

掃除は休みの日に2人で一緒にやる。
埃が苦手な私は水まわり磨き、
ルワンは天井のくもの巣退治と床の掃き掃除を担当。

とかいうと、すごい公平に仕事を分担しているように見えるが。

ところがどっこい。

洗濯は週に2回しかやらないのに、食事の準備は毎日やるので
結果的に、ルワンは洗濯もやって料理も手伝い掃除もする。

よく考えたら、ルワン、えらいじゃん。

心の中ではひそかに感謝しつつ。
ルワン君、これからも2人でがんばろうね。

しかし口に出しては言わない。
チョーシに乗るのでw。

| | コメント (0)
|

便箋

久しぶりの年末年始の帰国。
今回の大きな目標は部屋の片付け。

実は2年前にスリランカ就職が急遽決まってから
十分に片付けもせずほったらかしのまま実家を飛び出してしまったdash私。
この帰国はあまり遊び歩かずにしっかり後片付けをしなくてはいけません。

飛ぶ鳥跡を片付けに舞い戻るってな感じですchick

古い日記に読みふけったりbook
お気に入りだったピアスに気をとられたりshine
膨大なプリント類を前に途方にくれたりwobbly

大掃除ってのは得てして進まない。。

そんな中、出てくる出てくる。やったらめったら、

便箋mailが。

小花柄tulipの、人形柄virgoの、カラフルsunな、無地一色の、桜模様cherryblossomの、
便箋たちと束のまま残ったエアメール用の封筒。

見た途端、言い切れない寂しさがこみ上げてきた。

6年間交際した今の旦那さんとは遠距離恋愛の期間が半分くらい。
その間もちろん電話もしてたし、スカイプも使ってたけれども
まだ、今ほどスリランカの通信設備が整備がすすんでおらず
想いを伝える一番の手段は手紙だった。
それで、可愛い便箋を見る度に買い込んだ。

書き始めると、伝えたいことの半分も書けなくて。
書いては読み返し、書き直しては、そのまま出さないこともよくあったな。

・・・catface

なーーーんて、思い出はいくらでも美しいが!!

実際は私が完璧な筆不精で、手紙は3対1の割合で旦那のが多く
反省するたび買い込んだ便箋たちなのであった。。coldsweats01

いや、シンハラ語で書くっていうハンデもあったしさ。pout

ま、とにかく、この便箋の山を越えていったわけだ。
はるか7000km海の向こうのスリランカに。

感慨深く(途方にくれて?)便箋の山を見つめつつ
今回もちっとも片付けが進まない予感…。

| | コメント (0)
|